早急な駆除が必要

駆除の施工内容と相場

街中でよく見られる鳩はドバトと呼ばれる種類で、似たような姿のキジバトも見られるようになりました。近年では、その数が増え続けていて、それとともに糞の被害なども増加しています。その場合には駆除が必要となりますが、むやみに駆除することは法に触れる場合もあるため、専門の業者に依頼されます。駆除の依頼は、個人の判断に委ねられるため、基本的には自腹を切るという形となるのです。主な被害は、鳩がベランダなど一定の場所に群れ、その周辺に撒き散らされる糞によるものです。駆除内容は、忌避剤で追い払われ、防鳥ネットで侵入を阻止して、被害が起きた周辺の清掃と消毒が行われます。料金は、基本料が2万円から3万円で、防鳥ネットの設置や清掃作業を合わせて、5万円から10万円以内が相場となっています。

サービスに見られる特徴

国内の野生動物に対する駆除は、鳥獣保護法との関わりを理解する必要があります。これは、生態系を守るために必要な法律で、鳩もその対象となっています。特に、捕獲に関しては、免許や役所への申請等も必要となり、地域ごとに内容が異なっています。このような理由からも、野生動物の駆除は、専門の業者に依頼することが一般的となっています。鳩の駆除における特徴は、上述のような理由から、捕獲することではなく、追い払い再飛来させないことを目的としている点です。鳩は同じ場所に戻って来るという習性があり、伝書鳩としても証明されている能力です。そのため、忌避剤で追い払った後は、防鳥ネットなどで侵入を防止する対策が重要となっています。このように、鳩の駆除においては、習性を利用して追い払われるのが特徴です。